【令和4年度】任意継続被保険者の標準報酬月額の上限について(全国健康保険協会)

令和3年12月25日に全国健康保険協会のホームページより、令和4年度の健康保険の任意継続被保険者の標準報酬月額の上限について、告知がありました。

◇令和4年度の任意継続被保険者の標準報酬月額の上限
令和4年度の健康保険の任意継続被保険者の標準報酬月額の上限は、30万円となります。
(令和3年度から変更はありません)

◇どうやって決定されるの?
協会けんぽの任意継続被保険者の標準報酬月額は、健康保険法により

①資格を喪失した時の標準報酬月額
② 前年(1月から3月までの標準報酬月額については、前々年)の9月30日時点における全ての協会けんぽの被保険者の標準報酬月額の平均額を標準報酬月額の基礎となる報酬月額とみなしたときの標準報酬月額

のどちらか少ない額と規定されています。

このため、毎年度②の額が、任意継続被保険者の標準報酬月額の上限となります。
※ 令和3年9月30日時点における全ての協会けんぽの被保険者の標準報酬月額の平均額は295,135円となります。
(この額は、標準報酬月額の第22級:30万円に該当します。)

参考
協会けんぽ|令和4年度の任意継続被保険者の標準報酬月額の上限について



このエントリーをはてなブックマークに追加  
この記事を書いた
Athrunとは?