【令和4年以降】障害者雇用状況報告書の様式が変わります

厚生労働省よりすでに公表されていますが、令和4年以降の障害者雇用状況報告書の様式が変更となります。
変更点は3つあります。

◇改正点◇
①法人番号欄の追加
②事業所区分欄の追加
 特例子会社、指定就労継続支援A型事業所を区分する「事業所の区分欄」を追加します。 
③ 身体障害者種類別欄の追加
 「障害者の雇用の促進等に関する法律別表に掲げる種類別の身体障害者数」欄を追加しました。身体障害者について、以下の分類表に沿ってご記入ください。
 ※1 実人数で計上すること(複数の障害がある場合は主たる障害のみ計上してください)。
 ※2 障害程度の区別は不要です。

次回提出より対象となりますので、改正点の記入が漏れないように気を付けながら作成が必要ですね。

【参考】
厚生労働省|障害者雇用対策
厚生労働省|リーフレット(令和4年から障害者雇用状況報告書の様式が変わります)



このエントリーをはてなブックマークに追加  
この記事を書いた
Athrunとは?